アラ還オヤジの備忘録

雑感や、その他諸々。

キャリアメールが付いている新料金プランがあればいいのに。


スポンサードリンク

5G対応ガラホはかなわぬ夢かで、「ここ最近、NTTはドコモを完全子会社化、KDDIUQモバイルの統合完了というニュースが続いた。」などと言っていたのが昨年の10月。その後、NTTドコモが12月に「ahamo(アハモ)」を発表したのを皮切りに、auは「povo」(ポヴォ)を発表、そしてソフトバンクが「LINEMO(らいんも)」を発表したのが今週だ。

細かい比較は、その分野に詳しい方々がいろいろなところで解説しているので、ここでそんな話をしようとは思わないが、まあ、どれも大差ないというか、(事前に相談してるんじゃないの?)と勘繰りたくなるほど似たような内容だ。

以前話した通り、自分はauユーザーなので、普通に考えればpovoに乗り換えという判断になるのだが、実は、別の会社にしようと考えている。

理由は単純で、キャリアメールが使えないから。これは、ahamoもLINEMOも同様だ(このあたりも談〇なんじゃないの?、と疑われるところだ)。じゃあ、一体にどこに、ということになるのだが、いろいろ調べた結果、決めたのは、mineo(マイネオ)だ。

そもそも、なぜキャリアメールが必要かというと、ネット銀行を使っているから。ネット銀行で取引した際、「こんな取引がありましたよ」と、メールに送信してくるのだが、多くのネット銀行は、通知先のメールアドレスとして、携帯のキャリアメールを推奨している。その反対に、Gmail等のフリーメールは「お控えください」とのこと。ネット銀行で取引するたびにメールが送られてくるのを(鬱陶しい)と思わないこともないのだが、“万が一”の時のことを考えると背に腹は代えられない。

そんなわけで、キャリアメールが使えるところがないかと探してみると、上記の通り、メジャーなキャリアの新料金プランは“全滅”だ。一方、格安SIMはどうかと言えば、端(はな)から、キャリアメールなど眼中にない、という体(てい)で、多くの格安SIMは、そもそもキャリアメールの設定がない。そんな中、マイネオには“mineoメールアドレス(〇〇@mineo.jp)”があるとのこと。また、先月末に発表されたmineo新料金プラン「マイピタ」も、なかなかよさげだったこともあり、そちらに移行しようという算段だ。

それにしても、大手三社の新料金プランにキャリアメールがなくて、不便に感じる人は少ないのだろうか?新聞報道などによると、新料金プランへの移行はネットでの申込のみだそうで、主なターゲットは若者らしい。イマドキの若者は、ネットで銀行取引などしないのか、或いは、そもそもネット取引そのものをスマホで済ますから、気にしないのか。年寄りもスマホでネット取引すればよいかもしれないが、あの小さい画面でカネのやり取りを確認するのは、老眼には余りに辛すぎる…。

 

正直に言うと、できれば大手の新料金プランに移行したいというのが本音だ。いずれかのキャリアが、キャリアメールを付けてくれたらなぁ、と思わずにはいられない。事業者に対して妙に強気な態度の総務大臣が、果たしてご自身でネット銀行にアクセスする機会があるのかはわからないが、ここは一般市民の声に耳をお貸し頂き、是非、新プランへのキャリアメール付帯に力を発揮して頂きたいところだ。