アラ還オヤジの備忘録

雑感や、その他諸々。

奈良


スポンサードリンク

そろそろ奈良に行きたいと思っていた。

コロナ禍になる前、2017年から2019年にかけて、毎年奈良に出かけていた。

季節は大体秋口、理由は興福寺北円堂におられる無著と世親に会うためだ。北円堂は普段は公開されておらず、春と秋の特別公開時、それぞれ2週間程のみ拝観できる。それに合わせて唐招提寺薬師寺を巡ったり、年によっては長谷寺辺りまで足を延ばしたり。近鉄奈良駅から長谷寺に行く場合、乗り換えは大和西大寺駅だ。

そんな“奈良リピーター”の自分も、2020年初からのコロナ禍以降、奈良はおろか、旅行に出かけることもなくなっていた。その代わりと言っては何だが、手を伸ばしていたのは、「奈良で学ぶ 寺院建築入門」(著:海野 聡)。最初に紹介されているのは唐招提寺だ。

“Go to”などと言われてもどうにも気が進まなかったのだが、ようやく近頃の世の中の様子から、(そろそろいいのでは)と思い始めていた。

できれば無著、世親と“再会”したいところだが、北円堂の秋の公開まで待つのも(そもそも今秋の公開時期は未だ未定らしい)じれったく思っていたところ、カミさんから「奈良国立博物館当麻寺曼荼羅が特別公開されている」との情報が。そんなことを言ってくるのは、「連れて行け」という意思表示に他ならない。カミさん孝行も兼ね、このタイミングで奈良に行くのも悪くないと思い、先週、定宿にしている奈良市内の旅館の予約を取ったところだった。

そんなところに飛び込んできた金曜の事件。興福寺にも当麻寺にも何の落ち度もないのだが、何か、奈良に行こうという気持ちが一気に萎んでしまったのだった。