アラ還オヤジの備忘録

雑感や、その他諸々。

メール誤送信で焦る


スポンサードリンク

石炭で走る軽EVはエコか?で書いた通り、ウチの車は今年が車検だ。

sugo-mane.hatenablog.com

今月がその月で、2週間ほど前に見積もりのため店に赴いた。特に大きな問題もなかったが、バッテリーはほとんどempty状態なので交換が必要とのこと。ウチの車に限らず、近頃はアイドリングストップが当たり前だが、あの機能のおかげで最近の車は積んでいるバッテリーの容量も大きく(要はお値段がお高い)、寿命も短いとのこと。アイドリングストップ地球温暖化防止にどれほど貢献しているかは知らないが、個人的にはあってもなくても構わない。(小さいイコール安価なバッテリーで済むならアイドリングストップがないほうが助かるというのが本音ではあるが。)

さて、話が脱線したが、そんな訳であとは車検当日を待つだけと思っていたのだが、昨日、店からガラケーに着信があった。ちょうど手がふさがっていて出ることができなかったが、留守電に入っていたメッセージを聞くと、何か確認したいことがあるらしい。程なく、再度電話がかかってきて、話を聞くと、車の車台番号が知りたいとのこと。理由を尋ねると、交換するバッテリーの種類を特定するのに必要で、車検証で確認してメールで送ってほしいという。2年前の車検もその店でやったし、そもそも車の種類もわかっているだろうと聞くと、最近は同じ車種でも車台番号によって使っているバッテリーがいろいろあるとのこと。「車台番号を写メで撮ってメール添付して返信」とのミッションを仰せつかった。

店からは電話がかかってきたのと同じタイミングでメールが来ており、それに返信すればよいのだが、店が登録していた私のメールアドレスは、ちょっと古いもので、できれば最近使っているものに変更してほしいものだった。店に返信するときに、新しいメールアドレスをccに入れ、「次回からはccのメールアドレス宛に送って下さい」というメッセージをつけて、車検証の写メと共に返送した。

ところが、である。ccに新しいメールアドレスをつけて送信したはずなのに、いつまで経ってもそのアドレスに着信がない。(一体どうしたのか)と、送ったメールをよくよく見てみると、何とccのメールアドレスが間違っているではないか!車検証には氏名住所等個人情報も満載だ。そんなメールが、誰か知らない人のところに送られてしまった!!一瞬パニックになりかけたが、まずは間違ったメールアドレス宛に「誤送信したので削除をお願いします」とのメールを送信、次に店宛に「先程送ったメールのccが間違っていたので、返信時はこちら宛に」というメールを送った。

で、次に行ったのは、誤送信したメールアドレスが実在するかの確認だ。新規にメールアドレスを取得する際、そのアドレスが既に存在していれば、「そのアドレスは使用中なので登録できません」というアラートが出てくる。この機能を使って誤送信したアドレスが実在するか確認することにしたのだ。結果はというと、“セーフ”!誤送信したアドレスが新規登録できることを確認して、ほっと胸を撫で下ろしたのだった。

それにしても、メールの誤送信というのは久しぶりだ。基本、アドレスブックから選択するので、誤送信したとしても、何らかの繋がりがある相手で、削除依頼もしやすいが、自分宛ではアドレスブックにも登録がなく、キーボードからタイプミスでこのザマである。今回はたまたま存在しないアドレスだったが、もし、存在していれば、見ず知らずの相手にメールの削除依頼をしなければならない(相手によっては面倒なことがないとも限らない)。歳をとって、パソコンの画面も見にくいと感じることが多くなったが、そんなことに託けることなく、これからはもっと気をつけなければ、と思うのだった。