アラ還オヤジの備忘録

雑感や、その他諸々。

Chromebook にBluetoothマウスを繋げる


スポンサードリンク

リタイヤしたらChromebookでよくないかい?で書いた通り、今年の五月辺りからChromebookを使い始めた。

sugo-mane.hatenablog.com

機種はASUS Chromebook Detachable CZ1。

価格は3万円切りというバーゲンプライスで手に入れたのだが、その後、Chromebookを使い始めて3ヶ月での感想。「結構使えるかも。」でも書いた通り、性能的には概ね満足、というか、コスパを考えたら文句の言いようがない。

sugo-mane.hatenablog.com

ネット上では、“動作がもたつく”というような指摘もあるが、自分的にはほとんど気にならない、というか、使っている方が歳なりのもたつき具合なので、機械の方ばかり高性能でも意味がない。アラ還のジジイがF1をドライブするようなもので、マシンが人間に比べて、やたら高性能というのも、正直どうかと思う。スペックを追求するより、むしろ “米国軍用規格”を謳う堅牢性のほうが、うっかり手を滑らせてマシンを床に落としてしまうかもしれない年寄りには有難い。

そんな訳で、最近は手放せなくなってきているChromebookだが、実はちょっと不便な点が。それはUSBポートがType-C一つしかない、というところ。そもそもType-CではUSBマウスを繋ごうとしても、生憎手元にはそんな“マニアック”なマウスはないし、このUSBポート、電源アダプターも接続するので、充電しながらマウスを接続することは不可能だ。という訳で、必然的 (?) に物色したのはBluetoothマウス。ネットで見ると、結構な数がある。その中で自分が選んだのはエレコム製のこちらの商品。

ネット上には“超薄型”とか“エルゴノミクス”とか、いろいろあるが、自分的には、こういう外連味のないデザインが好みだ。

早速ChromebookBluetooth接続してみる。Bluetooth接続というと、面倒くさいというイメージもあるが、思いのほか簡単に繋がった。使ってみると超快適。在宅勤務で使っている会社用のラップトップに繋げていたUSBマウスと比べて、操作感がとにかく軽い。使っている電池が単三と単四の違いもあるだろうが、本体の重さが軽いことの他、クリックする際の押し下げる深さが体感的には半分ほど。“これはいい”と、会社のラップトップ用にもこちらのマウスを使い始めた。

そんな訳で、平日は主に会社のラップトップ、週末はChromebookに接続(平日はChromebookはほぼ100% タブレットモードで使っているので、マウスを繋ぐことはない)と、休むまもなく使っているBluetoothマウスなのだが、こんな“ヘビーユース”のためなのか、電池の消費が半端ない。最初は気のせいかと思ったが、どうも気になって、電池にマジックで使用開始日を書いたのが先月8月の10日。そしてバッテリー切れしたのが9月17日。約一ヶ月余りで交換だ。因みに電池は富士通製。さすがにちょっと短すぎるのでは、とも思うのだが、皆さん、如何でしょうか?