アラ還オヤジの備忘録

雑感や、その他諸々。

社員教育

忙しすぎて部下の教育ができないというのは…

以前、私は「毎月、マネジャー・トレーニングと称して、自らが講師となり2時間弱のセッションを持っていた」と書いた。1ヶ月の労働時間が仮に160時間だとした場合、2時間は全体の1.25%だ。それだけを見ると、大した負担はなさそうに見えるが、何の準備もせず…

部下の教育は誰の仕事か

「社員教育は誰の仕事か」と問われれば、10人中9人、或いはもっと多くの割合の人が「それは教育研修部の仕事」と答えるに違いない。それでは、「部下の教育は誰の仕事か?」と問われたらどうだろう。「上司の仕事」というのが、大方の反応だろうが、それでは…