アラ還オヤジの備忘録

雑感や、その他諸々。

カリンの剪定

毛虫退治の週末の週末で書いた通り、我が家では“8月最終週の土日”に庭植えのジューンベリーの樹の害虫駆除をするのが年中行事になっている。

sugo-mane.hatenablog.com


そんな庭木の手入れ関係の年中行事が我が家にはもう一つあって、それがタイトルの通り、“カリンの樹の剪定”。こちらもタイミングは“1月最終週の土日”と決めている。そんな訳で、今日は久しぶりにカミさんと自宅の小さな庭に出た。
今週は随分と寒い日が続いて、我が家の給湯器も、滅多にお目にかからない“凍結アラーム”を連発していた。今日も朝方は随分と冷え込んだようだが、午前11時を過ぎる頃には、日差しがあることもあって、カーデガンを羽織ったくらいで外に出ても、さほど寒さは感じない。むしろ、このあと枝切り鋏やノコギリを駆使した“労働”で汗ばむかもしれないことを考えれば、コレくらいの厚着具合でちょうど良さそうだ。
ジューンベリーとカリンと、一体どちらを先に購入したか、多分、同じような時期と思うのだが、少なくとも10年以上は前と思う。
ジューンベリーついては、以前のブログで、”毛虫が最初に発生した年は葉はほぼほぼ全部毛虫に食べられ、木は丸坊主状態”と書いたが、実は後日談がある。次の年に、はやり毛虫が発生し、その時は殺虫剤を使った。毛虫めがけてスプレーすると、毛虫たちはレンジャー部隊さながらに糸のようなものを吐きながら、ジューンベリーの枝から地面めがけて“落下”を開始する。そんな毛虫にも、申し訳ないが殺虫剤をスプレーして、何とか“一件落着”とその日は駆除を終えたと思った。ところがしかし!翌日リビングのシャッターを開けると、目に飛び込んできたのは、こちらも文字通り“丸坊主”状態になったカリンの樹だったのだ。驚いたのなんの、因みにジューンベリーとカリンの樹の距離は8〜10mといったところだが、難を逃れた毛虫たちがたった一晩のうちにその距離を移動した上、夜中のうちにまるごと樹一本分の葉を平らげたのだから恐れ入る。向かいの家に住んでいる奥さんも「あれはすごかったわね」と、後々まで“語り継がれる”ほどの衝撃だったのだ。
そんなこともあって、その後は毛虫の駆除に、殺虫剤は使わず、毛虫の“子供”を見つけて枝ごと処分することになったのだった。その後は、お陰様で毛虫の被害がカリンに及ぶこともなく、“無事”に過ごしてきた。
さて、話を“剪定”に戻すと、カリンの枝というのは、まっすぐ上に伸びようとする性質があるらしい。放っておくと、真っ直ぐ上を向いた枝が何本も伸びてくる。そんな枝たちをそのままにしておくと、栄養は枝の成長に取られて、花目はつかず、結果、カリンの実も収穫することができない。そんな訳で、上を向いた枝たちを切る必要があるのだが、物の本によると、剪定に適しているのは落葉時期の12月~2月。2月上旬までには作業を終わらせておいたほうがよいとのことで、我が家ではそれを“1月最終週の土日”に行うと決めてから随分と経つ。

因みに“上を向いた”枝は、結構な高さにあるので、剪定には高枝鋏が重宝する。自分が使っているのはムサシというメーカーのもの。切れ味もよく、軽量で使いやすい。


素人が剪定してうまくいくのか、と思われるクチもあろう。自分も最初の頃はおっかなびっくり、(花芽の部分まで切ってしまっていたらどうしよう)とか、結果がわかる春先まで気をもんだものだが、これまで大きな失敗もなく、ここ2〜3年はようやく慣れてきた。それでもはやり“結果”を見るまでは、安心できない。3月は花が付いたかどうか、朝、リビングのシャッターを開けるたびにチェックする日々が続きそうだ。

初めて席を譲“られ”る

YouTubeで太極拳 (with Chromebookタブレット)で書いた通り、在宅メインの勤務形態を許して頂いているのだが、それでも週イチくらいのペースではオフィスに出社するようにしている。

sugo-mane.hatenablog.com

”流石に還暦を超えて、通勤も負担でないと言ったら嘘になる”と書いた通りなのだが、若い連中がそこそこ出社している中、全くオフィスに顔を出さないわけにも行かない。
自分の通勤時間は自宅からオフィスまで、およそ一時間半。海外の同僚に話すと一様に驚かれるが、自分くらいの世代では郊外に自宅を購入して、通勤時間は一時間以上、というのは珍しくなかったように思う。一方、最近の人たちは、結構な割合で都心に住んでいるように見える。通勤にかかる時間と家賃を天秤にかけて、時間を優先しているということだろうか...。
さて、話を元に戻すと、自分の通勤ルートのメインは、最寄りのJRの駅から都心のJRの駅までのおよそ40分間。コロナ前は、“座って通勤”など考えるまでもなく不可能な混みっぷりだったが、コロナで在宅勤務が進んだ結果、最近はちょっと出社時間をずらせば、大体座ることができる。一方、帰宅時間の方はというと、いろいろ試してみたが、ずっと座って、という時間帯を見つけることができず、結果、都心から途中駅までは立ったままといういう状況だ。
そんなわけで、先日もそれほど混んでいるわけではないものの、席は全て埋まっているというなか、外をぼんやり眺めながらつり革につかまって、帰宅の途についていると、後ろから声をかけられた。声の主は、如何にも真面目そうな見ず知らずの若者。内容はというと、何と「席をどうぞ」である。
これまで、自分が席を譲られるなどということは考えたこともなかった。そもそも、昔のシルバーシート、今は優先席と名を変えているが、その席が空いていても、自分が座るということは”あり得なかった”。それが(まあ、自分より年寄りが来たら譲ればいいか)などと思い始めたのは、還暦を過ぎたあたりから。それでも、席が空いていなければ立っていればいい、と割り切れるくらいの体力は残っている。(太極拳も続けています。”野馬分鬃”〈イエマーフェンゾン〉から毎週一つずつ進んで、今週からは”搬拦捶”〈パンランチュイ〉。)
そんな訳だから、いきなり想定外の“不意打ち”を食らって、一体どう反応すべきか、年甲斐もなく“固まって”しまい、どうにか出た言葉は、「いえ、大丈夫です」だった。
あとから思うと、随分とイケてない反応だったと反省している。カミさんからも「そういうときは、有り難く座らさせてもらうのよ。折角声をかけてくれたのに、その人にも申し訳ないじゃないの。」と言われたが、全くその通りで、返す言葉もない。
(そんなにジジィに見えたかなぁ)というショックがないでもないが、何事も“初体験”はうまく行かないもの、次回からは、上手に「ありがとうございます。」と答えて、遠慮せずに座らせてもらおうと思ったのだった。

「21世紀の戦争」を読み返す

この年末年始は、いつにもまして時間があった。“第八波”が猛威を振るい、感染による死者数は過去最高、しかもそのほとんどが高齢者という報道を聞き、とてもじゃないが用もないのに外出しようという気が起きるわけもない。
一方、テレビのスイッチを入れれば、ニュースではどこもかしこも“3年ぶりの行動制限のない年末年始”というおそろいのキャッチフレーズと共に、人出でごった返している観光地やら、初詣客で溢れかえった寺社仏閣を中継している。
これほどの死者が出ているのであれば、医療機関のひっ迫度も大変なことになっていると想像するが、テレビのニュースも以前に比べると医療機関の様子に触れる回数が随分と少ない気がする。では国はどうかと言えば、「死んでいるのは年寄りばかりだから、問題ない」と思っているのか、いないのか、何か対策を打つどころか、何事もなかったように旅行支援を続けている。「年寄りの数が少なくなれば年金財政の逼迫度も少しは改善するだろう」とでも思っているのでは、などと穿った考えも頭に浮かぶが、兎に角、今は自分の命は自分で守るしかないと腹をくくって、“巣ごもり”を決め込んだ。
そんなわけで持て余す時間を潰すのに何をしたかと言うと、本棚から以前読んだ本を取り出して再読することだった。隠れトランプとアメリカ人上司で登場頂いた師匠も「本は3回読まないと理解できたことにならない」と仰せだったことを思い出し、これは、というものを引っ張り出して読んでみたのだが、

sugo-mane.hatenablog.com

その中で刺さったのは「21世紀の戦争」(ジェイムズ・アダムス著、日本経済新聞社)。

初版の発行は1999年8月だが、翻訳前の原著の出版は前年の1998年。今からおよそ25年前だ。そんな“昔”に書かれた本を、何故今さら選んだのかと問われれば、帯に書かれた「“血の流れない戦争”は到来するか」の文字が引っ掛かったから。21世紀になって二十有余年、リアルに“血の流れる戦争”を目の当たりにして、25年前にどんなことが考えられていたのか、読まずにいられなかったのだ。
本書は三部構成で、第一部と二部の内容はといえば、ややSFチック。“21世紀に実用化されるであろう”兵器がいろいろ出てくる。随分と“前のめり”と思われるものもあれば、ほぼほぼ言い当てていると思われるものもある。“ドローン”も、言葉こそ出てこないが、UAV(無人航空機)についての記載に、これはドローンだな、と思われるものがある。
そして第3部は主に“情報戦争”について。こちらの内容は妙にリアルで、最近書かれたと言われても余り違和感がない(もちろん引用されている出来事は1998年より前のことだが)。日本の国会議員の皆さんもこの本に書かれているようなことは当然“折り込み済み”で防衛費の問題も議論していると願いたい。
おもいしろいな、と思ったのは、“リフレクシブ・コントロール”について記載。リフレクシブ・コントロールとは「敵が論理的に到達する結論がもともとこちら側で決めていた方向に合致するようにさせるプロセス」というのだが、これを見て、(なんか、以前聞いたことがあるような…)と思い出したのは、「自発的隷従の日米関係史」(松田武著、岩波書店)の中で紹介されていた“スマート・ヤンキー・トリック”だ。

sugo-mane.hatenablog.com

こちらは「相手国から懇願されるという形で、欲しいものを手に入れる手法」と紹介されていたのだが、“リフレクシブ・コントロール”とコンセプトがほとんど同じような。因みに「21世紀の戦争」の中で、著者は“リフレクシブ・コントロール”について“ロシアがアメリカに対する情報優位の手段として完成させた”と記載している。
ヤンキーとロシアの一体どちらが本家かはわからないが、その狭間で日本が翻弄されてやしないのか、気になるところだ。

プリンターを買い換えた

昨年の年末のことになるが、プリンターを買い換えた。

これまで使っていたのは、CanonのMP640。

兎に角“賢い子”で、毎年の年賀状印刷はもちろん、通常の印刷のほか、コピーにスキャンと大活躍だった。それが突然、電源を入れてもウンともスンとも言わなくなった。
Amazonの履歴を見てみると、購入したのは2010年の1月。およそ13年弱使用していたことになる。一度、修理に出した以外は大きなトラブルもなかったのだが、13年といえば、車も新車で購入しても税金が上がるほどの年月だ。再度修理という手もあるのだろうが、生憎年末で年賀状印刷の時期も迫っている。ここは“寿命”と諦めて、新しいプリンターを物色することにした。
13年も経てば、機能も随分と進化しているかと思ったが、意外にも大した違いはない。それだけMP640が優秀だったということか。機能的には、今どき、wi-fi接続は当然として、コピーとスキャンはmust。最近は、本体にタッチパネルがなく、スマホに繋いで操作するのものもあるが、“自立”して使えるものがありがたい(auガラホから、楽天の1円スマホ with povoで書いた通り、ようやくスマホを手に入れたが、まだ、操作方法はおぼつかないし)。

sugo-mane.hatenablog.com


因みに13年前の購入価格はちょうど2万円ほど。今回もそれくらいが予算範囲だ。
そんな条件に照らしていろいろ調べた結果、購入を決めたのは同じくCanonのTS6330。


価格は2万円を若干上回ったが、まあ、許容範囲内だ。
昨年末の年賀状も“ニューマシン”で印刷したが、使用感は概ね良好。MP640と特に差は感じられなかった(本来なら“進化”していてもおかしくないところではあるのだろうが...)。
因みにカミさんに言わせると、「MP640のほうがよかった」とのこと。コピーで、カミさんが重宝していた機能が、TS6330にはないらしいのだが、あまりにマニアックでよく理解できなかった...。
あと、性能とは関係ないが、MP640は如何にも高機能という雰囲気を醸し出していたのだが、TS6330のほうはというと、全体として華奢、というかチャチっぽい印象だ。そのあたりはコスト削減の煽りを受けているのだろうか...。
因みにTS6330、Chromebookとも問題なく接続できます。今年の年賀状は、そろそろ11年選手になるWindowsのラップトップ(家電量販店での出来事に、親としての器量を考えさせられたで紹介した通り、こちらは2012年5月の購入だ)から印刷したのだが、

sugo-mane.hatenablog.com

次回はChromebookからの印刷になるかなぁ。

Google Keepでリタイア後の料理レシピをアーカイブ

今日は正月二日目。昨日、今日と、朝食はお雑煮だった。ウチのお雑煮は白味噌仕立て。具は里芋と大根で、その上に鰹節が少々。カミさんが言うには、このレシピは私の母親から聞いたものだそうで、そう言われれば、子供の頃から実家で食べていたのは、そういうお雑煮だった。因みにカミさんの実家のお雑煮は、すまし汁仕立てとのこと。
さて、話は変わるが、実はしばらく前からツイッターで”みんなのきょうの料理”というアカウントをフォローしている。
結構な頻度でつぶやかれていて、この年末年始も、それとなく眺めていて、目にとまったのが、こちら。

 

以前、「あてなよる」でお見かけしていた大原 千鶴氏の“京雑煮”が紹介されているのだが、これがウチのお雑煮に瓜二つ。具も全く同じだ。カミさんに見せると、「実家が元々はそっちの出じゃないの?」と言うのだが、自分の親戚が京都にいるという話は聞いたことがない。因みに私の母親も、お雑煮のレシピは私の父の母親(要は、私の父方の祖母)から聞いたらしい。(母親も、実家はすまし汁系だったそうだ)。

そもそも、何で”みんなのきょうの料理”をフォローするようになったのか。実は、カミさんと“リタイア後”の話をしていた時、言われた次の一言がきっかけだ。

“あなたも仕事をしなくなったらご飯の支度も分担だからね”。

ウスターソースで書いた通り、大学入学から結婚までのおよそ9年の間、自炊生活をしていた。

sugo-mane.hatenablog.com

しかし、作っていたものと言えば、市販のルーを使ったカレー/シチューの他は、スパゲティと袋のインスタントラーメンがメインで、あとは気の向いた時に、ちょっと変わったものを作るくらい。若ければそれでも良かろうが、年寄りには流石にきつい。かと言って、いきなり一人で作れるメニューが増えるはずもなく、考えた末にたどり着いた結論は、「まずはネットで情報収集から」だった。
かと言って、いきなり力を入れても長続きしそうもないので、始めたのが、”みんなのきょうの料理”のフォローだった。他にも役に立ちそうなツイートもいろいろあるが、あまり“凝った”ものを勧められても、自分には手が余る。本当は、”きょうの料理ビギナーズ”だけのツイートがあれば、そちらをフォローしたいところだが、残念ながらつぶやかれているのは、定番の”きょうの料理”も一緒になったこちらだけ、ということでフォローすることに。
ツイートを見て、“これは”と思うのがあればリンク先を開いて、”マイレシピに登録する”をクリックすると、自分のNHKエデュケーショナルのアカウントに登録されていく。これまでどれくらい登録されているか、数えてみると既に53にもなっていた。
登録したレシピは、調理時間や料理ジャンル等で絞り込むこともできて、とても便利だ。ただ、個別の料理はそれでいいのだが、例えば”手軽な鍋もの10選”のように複数の料理がまとめられたものは、マイレシピに登録できない。

www.kyounoryouri.jp

ここで何を使うかというと、ChromebookにデフォルトでインストールされていたGoogle Keep。ブラウザ(Chromebookなので、当然、Chromeです)にGoogle Keepの機能拡張を追加しておけば、保存しておきたいウェブサイトを簡単に”keep”しておくことができる。ブックマークをつけるという手もあるが、そのうち数が増えてくれば、ブックマークでは収集がつかなくなるのは目に見えている。Google Keepのラベルには、”自分で作るごはん”のほか、”散歩によさそうなご近所スポット”とか、いくつか作ってみたが、Google Keep、結構使えます。

Rakuten Hand 5Gにはマイナポータルアプリはインストールできません、以上。

表題の通り。「Androidだからできるだろう」とか、「国(デジタル庁)がやっている事業だから、対応しているに違いない」とか、そういう理屈は通用しません。

楽天モバイルのサイトの「お客様サポート」にあるチャットにも確認したが、40分程度やり取りをして、オペレーターからの最後のチャットは

「「Rakuten Hand 5G」がマイナポータルアプリに対応している製品かのご案内ができかねます。

大変恐縮ではございますが、マイナポータルアプリ提供元にご確認いただきますようお願いいたします。

お時間を頂戴いたしましたのに、お力添えすることができず、誠に申し訳ございません。

お手数をおかけしますが、何卒ご了承くださいますようお願いいたします。」

とのこと。("現在、確認いたしております"と"今しばらくお待ちいただきますようお願いいたします"を散々繰り返した末に、この結論にたどり着くまでに40分って、一体どうなのよ?)と突っ込みたくもなったが、オペレーターを責めても仕方ない。(きっと上の方から、そう答えろと言われているのだろう。)

国の事業に自社製品が対応しているかどうかは国に聞いてくれ、とは如何にも楽天らしいというところか。言われた通り、マイナポータルのサイトで確認すると、2022年12月6日時点でマイナポータルアプリに対応しているAndroidスマホは415機種 (!)。

faq.myna.go.jp

聞いたこともないようなメーカーの機種も入っているが、なぜかRakuten Hand 5Gは見つけることができない。楽天側の都合か、はたまたデジタル庁の考えか。(楽天は生意気だから意地悪してやれ)とか思われてるんじゃないの?、とか妙な考えが頭に浮かんだ。

兎に角、今回の件で、楽天モバイルにはいろんな意味でかなり落胆させられた(ラクテンじゃなくて、“ラクタン”に社名変更しては如何?と思ったくらいだ)。楽天モバイル契約からまだ二週間弱だが、解約、意外と近いかもしれません。

auガラホから、楽天の1円スマホ with povo

ガラホ使いだった自分が、5G対応ガラホはかなわぬ夢かで“そろそろ新しい端末に機種変更しなければ”と書いたのは今から2年以上前のこと。

sugo-mane.hatenablog.com

その後も何度かガラホからどこに“乗り換え”るかについて書いてきた。

しかし、他界した父親が夢枕に立って「そろそろ買い替えたほうがいいだろう」と言うのを聞くに至って、流石にこれは「年貢の納め時」と腹を括ることにした。

sugo-mane.hatenablog.com

使っていたキャリアはauなので、普通に考えればpovo辺りに切り替えるのが手続きも楽でコスパもよさそうだ(或いはUQモバイルとか)。しかし、スマホも購入しなければならないとなると話はそれほど単純ではない。povoの場合は端末はauのオンラインショップで別途購入。UQは切り替えと同時に端末も購入できるが、auからの乗り換えの場合、他社から乗り換えの場合に比べてひどく割高な値付けになっている。同じauグループなので、“釣った魚にはエサはやらない”戦略があからさまで、(意地でも変えてやるものか)という気分にさせられる。

では、どうするか。いろいろ考えた末の結論は「楽天モバイル」。

電子マネー栄枯盛衰で書いた通り、自分は“楽天経済圏”にどっぷり漬かっている。

sugo-mane.hatenablog.com

そんなこともあり、スマホ楽天にまとめてしまえば、もらえるポイントも増えそうだということもあるが、一番大きかったのが端末の値段。RakutenオリジナルスマホのRakuten Hand 5Gが、楽天回線と一緒に申し込めば実質1円だ。

ガラホから離れられない理由(侮れない工業デザイン-2)で「Rakuten Miniにもかなり惹かれた」と書いたが、自分の好みは小さくて軽い機種。

sugo-mane.hatenablog.com

Rakuten Hand 5GはRakuten Miniほどではないものの、そこそこ軽くて小さい。iPhoneじゃなきゃ絶対イヤとか、機種への拘りもさほど無く、実質1円で新しいスマホが手に入るというなら、何の文句もない。

さて、ここまで来て、最後まで決めかねたのは、auからの乗り換えにするか、それとも楽天回線は新規契約にしてau回線を温存するかということ。「2回線分の料金を払うつもりか?!」という声が聞こえてきそうだが、メイン使いは楽天にして、au回線はpovoへの契約変更というハラだ。povoのほうは基本料金ゼロ円、必要に応じて“トッピング”すればいいので、出費は最小限に抑えられる。一方、楽天回線は、Rakuten Linkアプリを使えば通話もショートメールも無料、データ通信も3GBまでなら月額980円。ハナからスマホでデータ通信などする気もないので、“980円”を超える可能性はほぼない。という訳で「楽天回線新規契約プラスauからpovoに契約変更」で行くことに。

まずは早速楽天モバイルのサイト経由で回線の新規契約とRakuten Hand 5Gの購入を済ませる。その2日後には自宅にRakuten Hand 5Gが送られてきた。実機を見ると、評判通りの小型・軽量で、この質感で1円なら自分的には大満足だ。スマホと一緒に送られてきた「スタートガイド」に書いてある手順通りに開設作業を進めて、ほどなく使用可能な状態になった。

さて、次はau回線のpovoへの契約変更だ。povoのサイトを見ると、「auから変更のお客さまは、MNP予約番号を取得するとお手続きが出来ません。取得済みの方はMNP予約番号のキャンセルが必要です。」と書いてある。ところがさらに読み進めていくと「以下のお手続きはauで回線契約のある端末から実施をお願いいたします。」、さらには「auから変更のお客さまはWEBからお手続きください。」とあるではないか。“auで回線契約のある端末”というのは、自分の場合はガラホ(GRATINA 4G)。こいつで“WEBからお手続き”と言われたら、やれる方法はGRATINA 4Gにプレインストールされていた標準ブラウザを使うしかない。いくらなんでもガラホガラケー使いにはハードルが高すぎやしないか。暗に「ガラホガラケー使いには、povoは使わせませんよ」と言っているようなものだ。しかし、ここまで来て、後には引けない。(面白れぇ、やってやろうじゃないの)とGRATINA 4Gの標準ブラウザを使って悪戦苦闘すること小一時間、いいところまで行くのだが、最後の最後でどうしたわけか次のステップに進むことが出来ない。auであればサポートに電話して対応方法を聞くことも出来るが、povoは基本、ネット経由で自力で契約手続きができる人対象で、当然サポートのコールセンターもない。

(万事休すか…)と、ほぼ諦めかけたときに目に入ったのは、povoのサイトにアクセスしたときに画面の右下から“飛び出して”きた「チャットでの問い合わせ」というポップアップウインドウだ。

(コールセンターがないなら、ダメ元でチャットで聞いてみるか…)と、「ガラホauからpovoに契約変更したいのですが…」とタイプしてみると、ほどなく反応があった。何往復かのやり取りがあり、結果として返ってきた答えは、何と「ガラホの場合、MNP予約番号を取得いただき、povo2.0アプリよりお申込みいただく必要がございます。」とのことだった。(サイトに書いている「auから変更のお客さまは、MNP予約番号を取得するとお手続きが出来ません。」って、一体何なんだよぅ…)と思いつつも、チャットで相手をしてくれたお兄さん or お姉さんの反応と回答は迅速かつ的確で、言われた通りに“まずMNP予約番号を取得”、“povo2.0アプリをインストールできる端末(自分の場合はRakuten Hand 5G)を準備”、そして“povo2.0アプリから申込み手続き”の順で作業を進めて、その日のうちに無事povoも回線オープンにこぎ着けたのだった。

因みにRakuten Hand 5GはデュアルeSIM対応。楽天とpovoの2回線使用もそれ故できる芸当だ(スマホ画面の上の方の電波受信を示す直角三角形のマークも2つ並んでいる)。まだ使い始めたばかりだが、結構よい選択だったのでは、と思うのだった。