アラ還オヤジの備忘録

雑感や、その他諸々。

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

GWに国内旅行に出かけたら(最終日ー前半)

二日目(4月28日)の朝も昨日と同じく7時頃起きて朝風呂に向かう。昨日と違い、先客はいなかったが、あとから一人入ってきた。それでものんびり湯船に浸かれるのは昨日と同じ。

朝食会場は昨日よりはかなり賑やかだった。小さな子供連れの家族も数組見かける。羽釜で炊いたご飯はいつも通りだが、おかずの方は連泊の場合は前日と趣向が異なり違った味を楽しめた。ラウンジも、混んでいるというほどではないが、昨日は自分たちだけだったのが、今日は数組、のんびり食後のコーヒー、紅茶を楽しんでいる。

部屋に戻ってそそくさと身支度をし、チェックアウトしたのは9時過ぎ。今日は、昨日と打って変わって晴天で、奈良市内を観光する予定にしたので、荷物は宿に預かってもらうことにする。徒歩で近鉄奈良駅方面に向かい、大通りを挟んで駅の向かい側にある案内所でバスの1日券を購入することにしたのだが、近鉄奈良駅前の道路は東大寺方面に向かって大渋滞。奈良交通バスのフリー乗車券を販売する窓口のおばさんも切符を売りながら「この大渋滞では...」と心配顔だ。

実はこんなこともあろうかと昨晩考えていたのは、今日は東大寺春日大社のような有名どころは避けて、“渋め”のお寺参り。GWスタート直後の昨日ですら東大寺界隈の混み様は半端なかった。日曜の今日は、それを上回るのではと思っていたのだが、案の定、道路は大渋滞だ。そこで自分たちは近鉄奈良駅から東大寺方面とは逆方向に向かう市内循環のバスに乗り込む。道が混んでいるのは“外回り”でバスの番号は2番、自分たちが乗るのは内回りの1番だ。反対方向とは違って渋滞もなくスムーズに進み、およそ15〜20分ほどで下車したのは破石町(わりいしちょう)というバス停。最初の目的地は新薬師寺だ。

ハイキング装備の御婦人達のグループを横目に山道、とまではいかないものの登り坂を進む。10分ほどで到着すると、そこは昨日の東大寺の様子からは想像の出来ない静寂の空間だった。

拝観料(600円)を納めて本堂に入る。こちらの見どころは「十二神将立像」と、御本尊の「薬師如来坐像」。本堂の中は本当に静かで、ゆっくりとお参りすることが出来た。本堂を出ると、別の建物でビデオなども上映していたが、こちらも人はまばらで、最初から最後まで鑑賞する。GWですらこの参拝客の数で、普段は一体どんな様子なのか心配になるほどだが、こちらとしては有り難いことこの上ない。1時間以上滞在した後、次の目的地の白毫寺に向かう。

今回もいつも通りGoogleマップにお任せして、言われるままに進む。所要時間は15分程と出ていたのだが、実は(着いたぁ!)と思ったあとに現れる境内までの階段の長いことと言ったら!

長谷寺の階段も有名だが、体感的にはこちらほうが上(と言っても、長谷寺に行ったのは暫く前。その時より脚力も随分衰えているはずで、本当のところはよくわからない)。ようやくたどり着くと、そこも新薬師寺に劣らず静寂に包まれている。

拝観料(500円)を納めて境内に。本堂にお参りしたあと、その後ろ側にある宝蔵に向かう。中に入ると阿弥陀如来閻魔王など、計7体の仏様が安置されているのだが、この光景、どこかで見た記憶がある。しばらくして思い出したのが、NHKの「趣味どきっ!」という番組。確か、このお寺も紹介されていたような、ということでカミさんに確認してみると、本堂にお参りした段階で、すでに気付いていたとのこと。そうならそうと早く言ってくれれば、などと思いつつお参りした。

高台にある境内からは奈良市を一望に見渡せる。朝から気温はぐんぐん上がっていたが、境内を吹き抜ける風が心地よい。持参していたペットボトルの水で喉を潤して一休みした後、先ほど上がってきた坂を下る。

時計は既に昼を回っている。帰りの電車は近鉄奈良駅を午後2時50分発の特急。あまりのんびりしてはいられない。荷物を預けているホテルを目指すことにしたのだが、実はこのあと、ハプニングの連続だったのだ。(後半に続く)

GWに国内旅行に出かけたら(二日目)

二日目(4月27日)の朝は7時頃起床。昨晩は夕食後、そのまま床についたので、一階にある浴場に向かう。“大”浴場というほどの広さはないが、宿の規模からすれば十分か。自分が入浴したときは先客が一人いたが、すぐに出ていったので、その後は貸切状態。のんびり朝風呂を楽しんだ。
朝食は8時から。この宿の朝食のご飯は羽釜で炊いたもので、これも以前からずっと同じ。若ければおかわりもしたいところだが、おかずも盛りだくさんで、流石にこの歳ではご飯は一膳で十分。朝食後はラウンジでコーヒーを頂く(これも以前から変わらぬサービスだ)。
さて、二日目の予定だが、実は前日の夜の段階では決めきれていなかった、というのも問題は天気。どうもスッキリしない予報で、雨が降るのか降らないのか判断が難しい。雨であれば屋根付きの奈良国立博物館一択、そうでなければこれまで訪れていなかった法隆寺あたりまで足を伸ばそうか悩んでいた。で、その日の朝の天気予報によると、朝のうちは曇りだが、昼頃に雨、とのこと。これまた悩むところだが、結局、今日の目的は奈良国立博物館で開催中の「空海展」鑑賞に決定。
宿を9時過ぎに出て、徒歩で奈良国立博物館に向かう。10分ほどで到着すると、開館の9時30分まで、まだ時間があるが、すでに入口の前に行列が二列できていて、右側は入場券を購入する列、左側はすでに前売り券を購入している列。長さはどちらも50メートルほどで、自分たちはローチケで前売り券を購入済みなので左側に並ぶ。
程なく開門の時間になり、前の人の列に続いて入場する。ゴールデンウィーク中ということで、大混雑を覚悟していたが、そこそこの人混みではあるものの鑑賞に支障が出るというほどでもない。コロナ禍前に正倉院展にも来たことがあったが、その時のほうが人出が多かったような。目玉の「両界曼荼羅」の展示も周りに押されるようなこともなくじっくり鑑賞できた。
空海展」を見終わった頃には既に午後1時近くになっていた。随分と長時間だが、途中、休み休みということもあり、こんな時間に。小腹も減ってきたので、昼食にしようと思って窓から外を見ると、天気予報通り雨が降っている。雨の中、行く宛もなく飯屋を探すのは年寄りには流石にキツイということで、奈良国立博物館地下にある喫茶店に向かうことにする。
自分たちと同じような考えの人たちが多かったのか、店の前には順番を待つ人の列が出来ていたが、10分もしないうちに自分たちの番になり、席に案内してもらう。
メニューを見るとドリンク以外に昼飯になりそうなのは、ハンバーグのセットかカレーの二種類くらい。ハンバーグのセットの方はボリュームもたっぷりで、自分とカミさんは共にカレーを選択。自分はさらに生ビールもオーダーして、疲れを癒やすことにする。
食後は隣接するミュージアムショップでカミさんの買い物に付き合う。次の目的地はやはり奈良国立博物館内にある仏像館。
実は自分はあまり認識していなかったのだが、カミさんの方はハナからこちらも来るつもりだった様子。外はまだ雨が降り続いているということもあり、カミさんに連れられて仏像館に。行ってみると、結構見どころ満載、「空海展」のチケットで入場できることもあり、追加の出費もなく1時間ほど滞在した。
仏像館を出る頃にはすでに午後3時を過ぎていた。夕食は午後6時にイタ飯屋を予約しているので、遠出は出来ない。取り敢えず東大寺方面に向かうことにする。
お陰様で雨は上がって陽も差し始めていたが、その分人出も増えて、東大寺の南大門に向かう道筋は真っすぐ歩けないほど。南大門を過ぎると多少人数は減ったが、今回は大仏様を拝むことはせず、次の目的地に向かうことに。
目指したのは元興寺。こちらの弘法大師坐像が空海展に出陳されていたこともあり、カミさんと「行ってみよう」ということに。
道案内はGoogleマップにお願いする。有り難いことにご指定のルートは人通りの少ない裏道ばかり。東大寺から徒歩でおよそ20分程で元興寺に到着した。拝観料(一人500円)を払って境内に入ると東大寺の喧騒が嘘のように人影もまばら。ゆったりした時間を過ごせた。
元興寺を出たのは拝観時間の終わる午後5時少し前。まだ、6時までには少し時間がある。夕食場所に向かう途中、喫茶店に入って30分ほど休憩。ゴールデンウィーク中の土曜、外の通りは観光客で人通りが激しかったが、店の中は落ちついた様子で、ゆっくりコーヒーを味わった。そして、いよいよ目的地に。
予約していたイタ飯屋を訪問するのは今回が初めて。入ると3〜4組で満席になりそうなこじんまりしたつくり。自分的にはこういう店のほうが落ち着くので好みだ。メニューを渡されてアラカルトにしようかどうか迷ったが、結局おまかせコースを注文。コースには「パスタが2種類」とあって、カミさんが「パスタのうち、一つをピザに変えてもらうことは可能か」と尋ねると快く応じてくれた。
ドリンクにはハウスワインのデキャンタをオーダーしてまずは乾杯。悪くない味だ(などとわかったようなことを言う)。その後前菜、パスタ、ピザ、と続いてメインの肉料理まで行くとお腹はいっぱい。“別腹”のデザートも含めて美味しく頂いた。カミさん、自分とも“当たり”という感想で、次回、奈良を訪れる際には、また来たいと思わせる店だった。
夕食後は、途中コンビニでペットボトルの水を購入、その後はまっすぐ宿へ向かう。昨日と同じく風呂に入るエネルギーは残っておらず、そのまま床についた。

GWに国内旅行に出かけたら(一日目)

出発したのは28日(金)。まずは総武快速で品川に向かう。品川駅に到着したら、構内のエキュート品川でお弁当を物色。久しぶりの旅行ということでちょっと奮発して「なだ万」で購入することにする、と言ってもあまり豪華なものでは年寄りには量が多すぎるので、千円台半ばのものをそれぞれチョイス。
次はいよいよ新幹線の改札。カミさんは自分のsuicaでうまく通れるか内心ドキドキだったらしいが、問題なく通過(当たり前といえば当たり前だが)。
正確にはゴールデンウィークは明日からだが、新幹線のぞみは今日から全車両指定席。ホームもさぞ混んでいるかと思いきやそれほどでもない。指定された車両の番号のところに並ぶ列の長さもいつもと変わらず、スムーズに乗車できた。
品川から京都への所要時間はおよそ2時間強。弁当に舌鼓を打ちつつ、外の景色を眺めながらのんびり過ごす。
京都駅では、近鉄に乗り換え。荷物もあるし、年寄りの足ではそれなりに時間もかかるだろうと、乗り換え時間をやや長めに25分ほど取っていたのだが、新幹線を降りて近鉄の改札を通るまで、実際にかかったのは5分ちょっと。改札もsuicaでそのまま入れ、特急券もネットですでに購入済み。前回は近鉄の窓口で特急券を購入したりしていたので、結構時間がかかったと記憶していたが、次回からはもっと短くてもよさそうだ。お目当ての「観光特急あをによし」もまだ入線しておらず、しばし時間を潰すことに。
そうこうするうちに入線を知らせるアナウンスがあり、電車が到着。カミさんが“写真を撮りたい”と宣うので(なんとミーハーな)などと思いながらもリクエストに応える。そしていよいよ乗車。
あをによしは四両編成。自分たちが予約したのは4号車で、席はC, D側。A, B側は向かい合わせなのに対してC, D側は両方の席とも車窓を向いている。2号車にある販売カウンターで、カミさんはコーヒー、自分はビールを購入して、自席に戻り、ドリンク片手に奈良の風景を眺める。
途中、大和西大寺を通過するときは、「あそこが事件があったところじゃない?」などと、何の根拠もなく想像を巡らす。
近鉄奈良駅に到着したのは午後3時すぎ。ホームを降りて、(結構人が多いな)などと思いながら改札を通過したのだが、実は本番はこれから。まだ、金曜だというのに駅ビルからアーケードに向かう途中の噴水のある広場は人でごった返していていて前に進めないほど。特に目立つのは中学生くらいの集団で、どうも修学旅行らしい。何とかそこを通り過ぎ、宿に向かう。
宿までは徒歩で10分弱。猿沢池を過ぎたらすぐのところにある。
こじんまりした玄関をくぐり、カウンターのところで予約している旨を伝えると、「チェックインはあちらで」と、ラウンジ風の場所に案内される。サービスのドリンクを頂戴しながら、記名したり、夕食の時間を確認されたり、というのはコロナ前と変わらず。唯一、宿のスタッフから説明を聞いているときに、別のスタッフが「そちらは常連さんなので説明は不要」というようはことを耳打ちしていたが、なにしろこちらは4年ぶり、いろいろ忘れているので、説明してもらったほうが安心だ。
予約した部屋も以前と同じタイプ。窓から猿沢池が望める。特別広いわけでも豪華なわけでもないが、年寄り二人がくつろぐにはちょうどよい設えだ。
部屋での休憩もそこそこに興福寺に向かう。お目当ては北円堂。宿の真ん前が猿沢池から興福寺に向かう階段のところなので、移動は当然徒歩。興福寺五重塔(現在は改修中)の前を通り過ぎ、宿から北円堂まで5分とかからない。
拝観料一人300円を納めて中に入る。予想に反して、人はまばらで前回来たときのほうがもっと混んでいたような。お目当ての無著、世親像のみならず、他の仏様にもゆっくりとお会いすることができた。
名残惜しいと感じながらも北円堂をあとにし、しばらく興福寺周辺を散策する。そのまま宿に戻ってもよかったが、夕食までには、まだ少し時間がある。ならまちの方まで少し足を伸ばしてから、宿に向かう。
夕食は個室で会席料理。地元の日本酒の飲み比べを注文したりしながら、2時間ほどかけてゆっくりと食事を堪能した。
部屋に戻ると、カミさんは風呂に出かけたが、自分は腹も一杯で、風呂に入る元気もなく、早々に床に就いた。

GWに国内旅行に出かけたら(準備編)

このブログ、自分の中で毎週末に更新するのを“ノルマ”にしているが、先週末はスキップ、というのも国内旅行に出かけていたから。
四年ぶりの国内旅行で書いた通り、コロナ禍後、車での旅行は昨年10月に“解禁”したが、今回は列車での移動。

sugo-mane.hatenablog.com

しかもゴールデンウィーク中ということで、早めにチケットを準備することにした。
因みに行き先は奈良。二泊三日の旅程だ。実は2年ほど前にも旅行を計画していたのだが、結局行かずじまいだった(顛末はこちら)。

sugo-mane.hatenablog.com

今回も、旅行の目的は奈良国立博物館。カミさんからのリクエストというのも同じ。そして、前回と違い、今回はちょうど興福寺の北円堂特別開扉のタイミングと重なり、無著、世親との“再会”も叶うことになった。
さて、話をチケットの準備に戻すと、まずはメインの奈良国立博物館から。お目当ては「空海展」。観覧料金は当日券が2,000円、二人で計4,000円と、なかなかいいお値段だが、ローチケでペアチケットの前売り券が3,200円で売り出されていて、ネットで注文、オフィスの近所のローソンでゲットする。
次は、新幹線。スマートEXはとても便利、でも実は割高なこともで書いた通り、自分一人の場合はスマートEXを使うことが多い。

sugo-mane.hatenablog.com

しかし、今回はカミさんも一緒なのでどうしたものかとも思ったが、よくよく調べてみると、カミさんのsuicaも登録可能でそのまま新幹線の改札も通れそう。それならOKということでネットで品川〜京都間往復を予約する。これで旅行中に急な予定変更を余儀なくされても大丈夫。
京都から奈良は近鉄。ちょうどテレビの旅行番組で近鉄の観光特急「あをによし」を見たばかりで、できれば乗ってみたいと思っていた。ちょっとググってみると、ネットで予約可能なことがわかり、行きは「あをによし」、帰りは通常の特急を予約した。
そして、肝心な宿は、定宿にしている猿沢池辺の旅館を楽天トラベルで予約した。因みにこちらの宿は食事も楽しみの一つなのだが、2日ともそちらで頂くのもつまらない。二日目の夕食は地元のイタメシ屋をネット予約した。
さて、これで準備万端、先週金曜に家を出発したのだった。

義母の一周忌

今どきの葬式を考えるで昨年4月に義母が他界したことを書いたが、それから早一年。

sugo-mane.hatenablog.com

先週土曜、一周忌法要のために市川にある檀家をしているお寺さんに出向いた。
こちらのお寺さんは義父が他界した時からのお付き合い。25年以上前のことだ。その頃はまだ外環自動車道も整備されておらず、千葉の自宅から京葉道路で市川ICまで行ったら、あとはひたすら下道を進んで、およそ1時間ほどの行程だった。今は京葉ジャンクションで外環(C3)に合流、松戸ICで降りれば、そこからおよそ5分ほどで到着。初めての道だったが、四年ぶりの国内旅行(一日目)のときと同様にGoogleマップにナビをお願いし、迷うことなく全行程でおよそ30分ほど。ざっくりこれまでの半分だ。

sugo-mane.hatenablog.com

そんなわけで、ウチを出るのも若干遅めにしたものの、やはりこれまでの習慣が抜けず所要時間から考えると早めに出発、法要開始の1時間前には現地に到着した。
こんな様子はカミさんの妹家族も同じだったようで、自分達よりさらに早く現地に到着していた。
余りに早く訪問しては、お寺さんも迷惑だろうと、ちょうどいい具合に咲いていた境内の桜を鑑賞したりして時間を潰し、それでもかなり早めにお寺さんに伺う。
一年前の葬儀のときと同様に、参列者はウチとカミさんの妹の家族のみ(残念ながら息子は仕事の都合で欠席)。こじんまりではあるが住職の読経と焼香でおよそ30分ほど、つつがなく法要を終えることができた。
ちょうど昼時になり、お寺近くの和食屋で皆で昼食を取る。このメンバーで会うのは義母の納骨のとき以来。久しぶりということで甥と姪の近況報告が話題の中心だった。
帰りは、松戸ICではなく市川中央ICから外環に合流、あとは来た道をそのまま戻る。初めてのルートで様子もわからずGoogleマップの指示通りのドライブだったが、お陰様で渋滞につかまることもほとんどなく、無事自宅に戻ることができた。

イオンから送られてくるメールを軒並み配信停止にする

最近、妙にプライベートのメールボックスの未読メールが多いと感じていた。以前、ジャンクメールが地球を暖めているで”ネットでちょっと買い物したり、或いは何かのメンバーになった途端にバカスカ宣伝メールを送ってくる”と書いたが、

sugo-mane.hatenablog.com

今回もきっとそんなメールが増えているのだろうと思ってよくよく送信元を見たところ、すぐに原因がわかった。過去7日間のメールをチェックしたら、イオン関係のメールが35通。一日当たり5通の計算だ。イオンショップやら、イオンスクエアやら、イオンネクストやら、メールボックスに溢れかえっている。普通の人は、業者から送られてくるジャンクメールをそんな頻度で受領することを許容しているのだろうか。信じられないことだが、自分は全く許容しないので、軒並み配信停止することに。
メールの下の方にある“メール配信の停止手続きはこちら” のリンクをクリックして手続きを進めようとすると、ID、パスワード以外に、本人確認のためにクレジットカードの有効期限まで入力し直せ、との“指令”が出るのはお約束どおり。以前は、”配信停止にそこまで要求するか?”と憤慨したりもしていたが、今はもうこんな馬鹿げた仕様にも慣れました。とっとと言われた通りに入力して、配信停止完了だ。
それにしてもイオンさん、以前も書きましたが、「英国の成人が送るサンキューメールを一日1通減らすと、年間16,433トンの炭素が節約され、それは、ロンドンからマドリードへの片道のフライト81,152回分に相当」するんです。メールはタダと勘違いしてばかすかジャンクメールを送っていては、顧客に「イオンは環境“破壊”企業」という印象を与えるだけでなく、鬱陶しさから配信停止されてしまって、本末転倒ということになりかねない。株主として、改善を要求したいところだ(3年ほど前にネットスーパーに垣間見えた企業カラーでイオンの株主だと書いたが、今もそのまま保有しています)。

sugo-mane.hatenablog.com

こんなことを書くと、“どう改善したらいいのか”と(自分の頭を使おうともせず)聞いてくる輩がいることも容易に想像できるので、ヒントを一つ。
2年ほど前にワンコインじゃないワインを買ってみたで書いた通り、”ワンコインじゃないワイン”に目覚めて以降、ネットでワインを買う機会が増えた。

sugo-mane.hatenablog.com

購入先のサイトはいくつかあるが、その一つがENOTECA online
こちらも、ワインを購入した途端に毎日のようにメールを送ってくるようになった。(全く...)と思ったのだが、実はこのサイト、毎日送ってくるメールの他に、週末に“ダイジェスト”なるメールが配信される。毎日送ってきたメールの要点だけまとめて送ってくるのだが、メールの配信設定で、週末のダイジェストだけ送ってもらうことが可能だ。週一くらいの頻度であれば、メールを受け取る方も(読んでみるか)という気にもなるというものだ。
イオンも、見習っては如何かと思うのだった。

Yahoo! JAPANに日本国内からも繋がらない件

これまで何回も書いてきた通り、最近は私用ではChromebookをメインに使っている。一方、仕事では会社から支給されているWindowsのlaptopを使っている。OSの違いがあるので、比較するにも限界があるが、自分のChromebookでは発生せず、会社のlaptopで発生する事象の中で、前からちょっと気になることがあった。
それは、会社のlaptopからはYahoo! JAPANに繋がらないということ。繋げようとすると以下のようなアラームが出る。

欧州経済領域およびイギリスからご利用頂けなくなりました」って、自分が仕事をしているのは、自宅のある千葉かオフィスのある東京で、コロナ禍以降、欧州・イギリスはおろか、海外出張はとんとご無沙汰している。
欧州・イギリスからYahooに繋がらない理由は、ちょっとググったところによれば「コストの観点で、欧州の法令順守を徹底するのが難しくなったため」らしい。“欧州の法令”というのはGeneral Data Protection RegulationGDPR:一般データ保護規則)と思うが、それによって国内からのアクセスでも繋がらないというのはあまり聞かない話だ。
一つ、考えられるのは、自分の勤める会社の拠点が欧州にあるということ。VPNやら何なら、その筋に詳しい人であれば「そんなこと、当たり前だろ」と言われるかもしれないが、素人の自分の能力、さらに会社支給のパソコンであればシステムのAdministratorも会社のIT部門で、自分が触れる範囲は非常に限られている。素直に“繋がらない”現状を甘受する以外に方法はなさそうだ。
それにしても、世の中にはいろいろなproviderがあるが、なにゆえYahooに限って「欧州の法令順守を徹底するのが難しい」のか。Yahooといえば、会社の正式名称はLINEヤフー株式会社、いうまでなくLINEも同じ母体で、こちらも個人情報や安全保障の観点から、悪い評判が収まらない。
そんなことをつらつら考えながら思い出したのが、こちらの本。

ソフトバンクケータイについての記載がある。これに影響されたというわけではないが、自分もソフトバンクからちょっと距離を置いている。スマホはもちろん、QRコード決済もPayPayがカバー率が一番高いことはわかっているのだが、未だ使わないままだ。
自分のような素人が妙な邪推をする必要もなくなるよう、多少コストがかかっても、法令遵守を徹底してほしいと思うのだった。