アラ還オヤジの備忘録

雑感や、その他諸々。

ホッピーと20年


スポンサードリンク

夏にすき焼で、「8月はどういう巡りあわせか、株主優待の品物が届く数が多い月だ。」と書いた。

sugo-mane.hatenablog.com

先月、すき焼用の肉以外に届いたもので、特に気に入ったのは善光寺浪漫ブランドの缶ビール。

製造元は麗人酒造株式会社という名の蔵元だが、この会社の株を持っているわけでもない。実はオリックス株主優待だ。オリックス株主優待システムは、ちょっと変わっている。“ふるさと優待”という名前のカタログの中から自分の好みの優待を、第2希望まで選び、第1希望と第2希望のどちらの品物が当たったのかは、届くまでのお楽しみだ。オリックスの株主になってから数年経ち、すでに何度か株主優待の品物を受け取ったが、第2希望の品物が届いたことはこれまでなかったから、よほどの人気商品でない限り、第1希望が届くということなのだろう。カタログの中には、毎年、何種類かのビールが含まれていて、確か昨年は川場ビールを選択したと記憶している。

こちらも大変美味しく頂いた。その前の年も確かビール、というか、オリックス株主優待でビール以外のものをオーダーしたことはこれまでないと思う。

そんなわけで既にお気づきの通り無類のビール好きである私だが、実は普段の晩酌でビールを飲むことは基本的にない。20年ほど前から晩酌はホッピーと決めているのだ。それはなぜか。もちろんホッピーがうまい、ということは間違いない。しかし、それ以前は晩酌にビールは欠かせなかった。そんなビールに別れを告げたのは、他でもない。“尿酸値”問題である。20年前といえば、まだ40歳前後、現役バリバリの年代である。晩酌どころか、大体仕事帰りは外で飲み歩いていることが多かった。飲み屋についたら、“とりあえずビール”。ジョッキ1杯で終わるわけもなく、2杯、3杯は当たり前だった。そんな生活を続けていたら、尿酸値が上がるのも当たり前だ。ある年の健康診断で、突如尿酸値がレッドゾーンを大きく突破した。ビールと尿酸値の関係は、以前から薄々聞いていたが、自分がそうなるとは夢にも思っていなかった。できれば何か他の理由をこじつけたいところだったが、やはり “主犯格”はビールと言わざるを得なかった。そんなわけで、泣く泣く禁酒ならぬ禁ビールをすることにしたのだ。と言っても往生際が悪いというかなんというか、この時作ったマイルールは次のようなものだ。

晩酌でビールは飲まない。だたし、

  • 外食の時は許す
  • お中元・お歳暮等で貰ったビールは例外

全く、“なんのこっちゃ”というか、ええ加減にせい、言いたいマイルールである。

さて、そんなわけで、晩酌でビールに変わる“何か”を探し始めたのだが、ほどなく“よさげ”なものに辿りつく。それがホッピーとの出会いだ。試しに飲んでみると、これが思いのほかうまい。早速ケース買いして、その後これまで20年、ほぼ毎晩ホッピーのお世話になっている。

最初の頃は、専ら楽天に出店している秀和飲料さんから購入していた。

item.rakuten.co.jp

当時は“国道16号の内側は配送料無料”という、随分とざっくりしたルールがあって、ぎりぎり16号の内側に自宅があったこともあり、無料で配送してもらっていた。注文時には、“木のおもちゃ”か“ライター”のどちらかのおまけを選択できた。最初の頃はライターをお願いすることもあったが、ライターばかり溜まっても仕方ないので、木のおもちゃをお願いすることが多かった。何しろ毎晩、晩酌で大抵2杯は飲んでいる(ホッピー専用ジョッキも購入し、冷凍庫にはいつもキンキンに冷えたジョッキが2個入っていた)のだから、木のおもちゃもどんどん貯まっていき、いつのまにか菓子箱一杯分ほどになった。また、年の初めに注文すると、段ボールの中にその年の根付が入っていて、カミさんに好評だった。夏には団扇が入っていることも多く、今でもその多くが現役で活躍している。自慢じゃないが、“ホッピーTシャツ”も持ってます。

しかし、その後は楽天の送料のルールが変わり、2ケース頼むと送料だけで1,700円を超えるようになり、また、近所のスーパーでも、結構な安値でケースで注文できるようになったりしたこともあって、いつの間にかネット買いすることはなくなっていった。余談だが、件のスーパーの飲料担当者とはほどなく顔見知りになった。それはそうだろう、ほぼ毎月のペースでホッピーを2ケースずつ買っていく客などそうはいまい。ある時、「ご商売をやられているんですか?」と尋ねられた。「いえ、自宅用です」と答えると、「それはすごいですねぇ…」と呆れられたものだ。

そんな中での、このコロナ禍だ。さすがにホッピーを購入するためだけに外出するのも憚られ(これを“不要不急ではない”といったら、さすがにまずかろう)、ネット買いに“復帰”したのだが、最近はもっぱらAmazonで購入している。

そんなわけで、これまでほぼ20年、毎日ホッピーを飲み続けてきた結果、お陰様で尿酸値もそこそこ安定している。マイルールにある通り、「貰ったビールは例外」ということで、株主優待のビールも楽しんでいるが、さすがにそれくらいでは数値には響かないようだ。これからもホッピーにはお世話なり続けることになりそうだ。